FF14の画像をバッチで画質処理+コピーライトの貼り付けしたい

文中の画像の権利表記:Copyright (C) 2010 – 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

日記書くの二年ぶりだって。まじか。
ちょっと開発してるやつあるんで作業メモ。

やりたいこと:

  • たくさん画像あるやつを一律で補正して、固定イメージはっつけて別名で保存したい
  • 素材の画像をバッチに食わせて、別名で新しい画像を得たい
  • 要はFF14の画像を大量に画質処理+コピーライトの貼り付けしたい
  • 年が変わるとコピーライトの年表示が変わるから、繰り返し生成しなおすことを視野に入れたい

ふだんFireworksつかう(Photoshopはもう完全に使い方忘れた。かつては仕事道具だったのに)のだけど、こいつがバッチ処理みたいな機能ある。これつかって楽できんかと思ったけども、せいぜいサブネイル作るくらいのしょっぱい代物で話にならない。
もういい、画像ライブラリ振り回してなんかできるじゃろ、数学得意じゃないけどトーンカーブもなんとかなるじゃろということで。

Jupyter notebookで実験

とりあえずJupyterNotebook起動して、Pillowとかいろいろ読み込んどく

import os
from PIL import Image
import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

はりさんの画像を読み込んでみる。

いいんじゃないすか。上のはりさんはスクリーンショットを切り取って小さくしただけのもので、補正やらは一切なし。暗い屋内だわくすんでるわ、ぱっとしない。

ほんではどっかから拾ってきたサインカーブ作るやつをplotで描かせてみる。
やっべグラフとか描いちゃってかっけえ。理数系ってこういうの鼻歌でやるんじゃろかっけえ。

ともかく、各ピクセルにこいつを食わせると暗い色をより暗く、明るい色をより明るくしてメリハリが付く。

ほんとはカーブの具合を上みたいな感じのカーブにいじりたいが、式の書き方がわかんないのでいったんこれで。拙速がだいじ。
さしあたり効率やらノウハウやらわかんないので、愚直に各ピクセルのRGB値を変換していく。

後ろの照明がぱっと明るくなってたり、はりさんの顔にあたってる明かりが明るくなってたり。フィルタはちゃんとかかったということで進める。

次、コピーライト画像を読み込む。
これを読み込んで、画像(今回ははりさんの画像)の、所定の位置にコピーライトを貼り付けたい。
ちょっと困ってるのが、元の画像ったらわりと大きめのマージンがあること。このマージンがだいぶ邪魔なので、ほんとは空白部分をトリムしたい。
cropでうまくいくとあったんだが、正確に0でないピクセルがありそうな気配でtrimかかんない。
一旦いいや。実際やるときはマージン分をいいぐあいに調整して貼り付けちゃおう。

はりさん画像とコピーライト画像のサイズを取得して、はりさん画像のどの座標にコピーライト画像を貼り付けたらいいかを調べる。テキトウにpaste_pos関数作っておこう。2つの画像をあげると、どの座標に描いたらいいかを返すやつ。横0縦184ピクセルのとこに貼り付けたらいいとわかった。

Image.pasteにコピーライト画像、貼り付け先の座標を渡す。引数のmaskにもコピーライト画像をわたしてるのは、これでアルファチャンネルをよしなにしてくれるとのことで。
上のサンプルではコピーライト画像のほうが横幅が大きいけれども、溢れたぶんはなくなる。
実際にこの仕掛けを利用するときはもっと大きな画像を使うことになるので、横幅あふれた―とかは実際には発生しないので、気にしないでよい。

だいたい実験が完了したので、これをバッチスクリプトとしてまとめたら終わり。
いままで画像処理やること少なかったわ、式わたして数値の変換するなんてこともやったことなかったわで、若干進歩。プログラミングのための線形代数買ってあるのに積んでるんだよなー

そのうち読もう。こういうのに役立つ何かが書いてあるかも。

極蛮神戦の練習のために真蛮神へ通うのは無駄か

引用。

513 : 既にその名前は使われています@無断転載は禁止 (ワッチョイ fb6b-c5qS)2016/06/28(火) 05:38:18.71 ID:v1F1o0Rz0
極に行く前に蛮神の動きや雰囲気に慣れたくてFCメンとある真蛮神に通っているんですが
別のFCメンに真に行ってると言ったら時間の無駄、真で練習()とか他色々散々にコケ下ろされました
極行く前に真に通うのって意味ないんでしょうか?
一つだけ極クリアしたのがありますがその時真で数こなして練習しててよかったと思う所が
それなりに(極初見の時は特に)あったのですがその蛮神がたまたまそうだっただけなんですかね?
ジョブは自分も真についてきてくれているフレもタンクです

514 : 既にその名前は使われています@無断転載は禁止 (ワッチョイ 4765-Z7EN)2016/06/28(火) 05:45:00.90 ID:sa75/Bto0
1,2回クリアするくらいは有効だと思うが大体これくらいで覚えるから以降は無駄
真を覚えるのに回数必要なら無駄ではないかもしれない

515 : 既にその名前は使われています@無断転載は禁止 (ワッチョイ eb39-jO4j)2016/06/28(火) 06:45:59.59 ID:wPrOCjC70
>>513
基本的に極をやるつもりなら極へ行く方が良い
真蛮神をやった経験は無駄にはならないけど、真と極では覚えることが変わってくるからね

元記事:http://hanabi.2ch.net/test/read.cgi/ogame/1466414439/

TL;DR
ぜんぜん無駄じゃないから心ゆくまで通い、ギミック個々を「ああこれね」ってかんじに慣れたらいいよ。


あたしの心の琴線に触れる書き込み。まとめサイトで見っけてきた。
あたしは真蛮神での練習を推す。
むろん、真蛮神に行ってまるで練習にならないケースもあるとおもうけど、細かな場合わけをせずに話を平らにした場合、あたしは真蛮神で慣らしてから極蛮神に行くのが良い派です。

たぶんこれは、極蛮神戦というコンテンツに慣れているかどうかでかなり変わる部分なんでないか。
うざい昔話をします。2秒位で終わります。
極蛮神戦にトライしてみようと思い立ったのが、あたしはたしか極タイタン戦。ああいうのトライできるのかっこいいなーって思ってて、ちょっと憧れてたんだよ。
いざ挑戦となった契機はファンフェスのライブで、目の前で演奏されるタイタンの曲聞いて大いに盛り上がり、
「あたしもアイビートタイタンしたいいいぃぃいぃ!!」
となったのがきっかけ。わかる?このナメた感じ。
当時ビートできてなかったので気後れし、タイタンTシャツ買わずに帰ってきたんだ。代わりにギルガメッシュのTシャツ買ってた。
ちなみにギルガメッシュも未勝利でした。代わりって。

それまではIDばかりで、いきなりボスと戦ううえ、各種ギミック満載のコンテンツへの知見はないに等しかった。
上の書き込みもそのくらいの人であるというイメージでこの記事は書かれています。
ものは試し、と超カジュアルに飛び込んだ極タイタン戦は地獄の様相そのもので、始まってから自分が死ぬまでずーっとパニックだったと記憶しています。

今でこそ見てから余裕くらいですいすい動けるあのコンテンツも、始めた当時は「なにが」「どうなって」いるのか、何もわかりませんでした。ヘタするとそういうのを目にする前にテーブルの下で音楽だけ聴く係(さいきんは上空から見守る視点になったとか聞いたような)になるので、なおさらわからないという。
いろいろギミックがバーン!バーン!なって意味分かんない(ランスラが激震が云々じゃなくて、なにかがバーン!バーン!ってなってる)状態の人は、落ち着いて画面見ることにたくさんの障害が発生します。意味不明なものへの防御行動として、脳がわざわざ理解を妨げる。
腹づもりとしてはクリアしたいから覚えたい、しかし意味不明で不快だから脳にはストレスだという状態。
これを、ちょっと優しい「まあこれならクリアできないこともない」というコンテンツを土台にして練習することで、このエフェクトはこうしたらいい、というパターンを手に覚えさせる部分での意味が生まれます。
というわけであたしは何回か忘れたがとにかく真タイタンへはわりと熱心に通い、ランドスライドのエフェクトはこれ、激震はたくさん踏むと危ない、ボムの範囲はこのくらい、ジェイルの時は云々、という、戦いの流れではなくてギミック一個一個、パーツとして認識した場合のやっつけかたを覚えていきました。
よし、いざ極蛮神タイタンを討伐にゆかんという時、あたしはガンダムのシャーばりに叫んだものでした。
みえる!みえるぞ!
「見えるぞ!」
そのとき?負けたよ。

昔話終わり。1.97秒くらいか?結構ギリだったねー

さて、上のコメしてる人も
「1,2回クリアするくらいは有効だと思うが大体これくらいで覚えるから」
「真蛮神をやった経験は無駄にはならないけど」
と、無駄でない事自体は肯定しています。

まあ1,2回で覚えるわけない。
いままでのコンテンツで「このギミックはこのコンテンツにあったこのギミックと同じものだ」というヒモ付がすでに出来ており、たとえばニーズヘッグのカータライズを見た瞬間に「ああ、ストーンヴィジルのイスケビンドね」と脳の辞書引きができる状態に仕上がっている人の感覚だと1,2回は理解できなくもないというくらい。
ランスラの線消えたら、もう動いていいよとかあるじゃん。あれを知見というんだ。
1,2回で覚えられるのはその前提をクリアしているからだ。
「え~ おれ2回行ったら覚えたけどな~w」とか言うことで満足を得たい人もいるじゃろうけれども、その手の子供の話は今回は無しだ。もしそういうお友達が身近にいたら、ラグナロクオンラインかなんかを勧めて視界から消えてもらおうね。物理的に消してもいいよ。

>極に行く前に蛮神の動きや雰囲気に慣れたくてFCメンとある真蛮神に通っているんですが
そんなわけで、この質問をした彼には届かないことろでつぶやいてるわけですが、無駄じゃないからどんどんやれと私は申し上げたい。

FCで行くなんていい仲間持ってるよね。

参考というか関連というかの記事:

超えた壁はどう見えるか

I BEAT TITAN
真タコ引率

Point of view

いまだとアレキ零式とかの動画をよく見てます。ボスの繰り出す攻撃のえぐさに、画面のこっちで「ぅぇぇ」って言ってたり。いつ行けるようになるかなあ。
さて、海外勢の動画によくある「WAR PoV」とかのPoVってなんじゃらと思って調べてみたところ、存外かんたんに答えが見つかりました。
それが題名になってるPoint of view。
WAR PoVだと戦士視点だよーってことですね。なるほど。

ちなみにホウホウそうですかとばかりに、Point of viewで画像検索すると、妙にセクシーな画像ばっかり引っかかるので、職場の人は気をつけてほしい。

また今日も賢くなってしまった。

ニコニコ超会議2015にいきました

ちょっと前の事になりますけど、ニコ超行ってきました。
目当てはFF14で、ヨメ氏は強度のテンパードなのでよっしーと祖堅さんに会いに行くというわけです。
ついてくことになりました。

ニコニコ動画の世界観をまるっと物理的に詰めあわせました、といった体のイベントでありました。

JALが超階段(パッセンジャステップカー)を設置していて、単にヒコーキから降りるときの階段を降りられますみたいなことをやってた。非常にくだらなくて、ニコニコらしい催し。
nikocho1

相撲もかなり面白かった。ニコ超の出し物の中で、最も面白いものの一つだったと思う。
nikocho2

恐竜もいた。なんじゃこれ。
nikocho3

撮影禁止につき写真は撮れなかったけど、GLAYのhisashiが演奏してみたに出演していて、なかなか見ることのできない変なライブにも参加出来ました。ニコ動では音響がどうのとか頓珍漢なコメントしてるひともいたのが微笑ましい。完全にあれは学園祭ののりだった。音質とかはハナからどうでもいいというか。
プロのギタリストはギター一本持ってステージに立つだけで、独特の空気をそこにもたらすことができるのだなーというのを、間近に感じることができました。あれは武道館では味わえない。Zeppでもむりだ。
一言で言うと文句なしにすごい良いステージだった。

あとついでにFF14。わたくし連日の激務のおかげで、疲労が充満してるわ足痛いわで、それほどはブース見てられませんでしたけど、楽しかったよ。でもさすがにファンフェスのほうがいいね。
nikocho4
ネクソン(各種MMOの微妙な宣伝)とミクシイ(もちろんモンスト)に挟まれた中で、スクエニの2階建て(!)ブースはかなり工夫と健闘のあとがみられた、すばらしい物でした。他社と同じスペースの中に7個(くらい?)の要素を詰め込み、大変な力の入りよう。よしだPとも少し喋ったけれど、打てば響くというか、問の答えが間髪入れずに返ってくるひとなんだよね。こんな優秀なプロデューサーに率いられるチームは、まあそりゃ想像を絶する激務だろうけど充実しているだろうと思う。

2日通して歩きまわり、途中何度も痛むあんよを休ませて、二日目早めに退出して帰りました。最後までいると帰りの電車にいつまでたっても乗れないくらいハマりそうだったので、調度良かったかも。
nikocho5

キャッチコピーは「この国にはたくさんのネ申がいる。」でした。
何のまとまりもないながら、そのごった煮をあえてやることで各ジャンルにいつくひとの回遊を促すというアプローチは、ニコニコにしかできないイベントだったということに尽きると思う。いつの間にか、すごい場所になっちゃってたんだなー。

ニコニコは、大まじめに取り組んでいるこの悪ふざけを通し、半ば本気で文化を創ろうとしているのだと感じました。スーパーやハンズや百貨店でも比喩にならないくらいのごちゃ混ぜの空間には、おそらく完全に狙って、様々な仕掛けや導線を組み込んでいたろうと思います。
どっちに向いちゃうかはわかんないけど、すごく面白そうだからいろいろ詰め込んで見せてみよう!みたいな、なんか、そういうかんじよ。

その場に、コンテンツのいち消費者としてしか居ることができなかったという不甲斐なさを感じつつ、帰路についたあたくしでございました。
やはり、作り手の側にいるほうが百倍面白い。いい刺激になりました。

はり1本

hari1pon
やーっとあたった。1本だけども。
ゴールドソーサーのチョコボはいまだ乗ったことがありませぬ。大小くじテンダーが好き。
ジャンボの数字4桁は、たいていPython様のプログラムが吐き出した4桁を採用しております。
スクリーンショットの4等賞が当たった時は、サイコロボタンで決めました。あれPython様。

極シヴァ

土日のちょこっとくらいしか遊べないくらい、最近は忙しい感じです。
家でもお勉強したりとかでなかなか落ち着かない。詩学とかも、月曜夜の時点で100無いとかザラ。
つらい。

土曜の夜に、意を決して極シヴァ戦に初挑戦してきました。
攻略動画を実装直後くらいから延々と見続けているんですが頭に入らず、これは(いつもどおり)恥をかきに行かないとダメだということで、コンテンツファインダーへ。
結果、初戦3死のうえ死んだままクリア。
どうも出荷です。

真シヴァについてはだいぶ熱心に通って、問題なく立ち回れるようになっていたんですが、通用したのは前半戦まででした。
HP30%あたりからぐだぐだで、立て続けに3死。白さんのMP浪費させただけだった。
画面じゅうが白と青のエフェクトで光りまくってる中、よくもまあ、みなさんあんなに正確に状況の把握ができるもんだと心底感心します。根本的に見てるところが違うのであろうか。

あとから攻略動画を見てみた感じ、多分2連でくるアイシクルインパクトが理解できてなく、どこに行ったらいいのかわからないまま死ぬというのを繰り返してたような。動画とっておくべきだった。

特によく見ている攻略動画。

画面全体に派手なエフェクトがある中で「杖モードの時は◯◯なので」とか、なんで判別出来てんの(´・ω・`)

シヴァに限らず、タンクで蛮神戦を戦えるようにしたいと思ってるんですけど、まずあのタンクのスイッチという概念からしてすでに理解できると思えない。イフでもガルーダでもスイッチしてるけど、なんであんな操作を間違いなく行えるのか。奴らはめちゃくちゃ頭いいんじゃないだろうか。

ガルーダ、タイタン、イフ、リヴァイアサンあたりのヒーラーはもうかなり不安なくやれるようになってきた。ラムウもおおよそは大丈夫。イレギュラーなければ。
が、シヴァは飛び抜けて複雑だ。
場数を重ねればいろいろ見えてくるんだと思うんだけども。

極イフからイフカード

ffxiv_20150225_230131

極イフからドロップ。
アルテマウェポンと一緒に出すには合計レアリティが高すぎる。
いろいろ集めないと配備できません。行脚しては負けまくっております。モモディさんだけが優しい。

ゴールドソーサーでアルテマウェポン入手

うっかりすごそうなの拾いました。
card_artm
トリプルトライアドと、サボテンダーのくじがお気に入り。
ヨメ氏は「もう詩学とかどうでもいい」とまで言い放つ始末で、蛮神戦とか誘っても遊んでもらえなさそう(´・ω・`)

FFXIVなんとかかんとか調査メモ

とある何かの中身を調べております。
Itemテーブル
legacy=1は「✝」マークついてたり、英語名にDated(時代遅れの,旧式の)とついたりしている。旧FF14のアイテムなのかな。見るべきものではなさそう。

なんかもーすごいきちんとデータが整理されてて、データ眺めていて気持ちがいい。

ほんとは馬とったとかいろいろ書くことあるんだけど、作業楽しいので後回し。

Rarityが1~7くらいまであるぽ。7はエーテリアル装備かなあ。

イクサル蛮族クエスト終了

やっとこ終了。クズ鉄に続いて二個目の完了です。
達成すると買えるようになるわんこのマウントですが、大して可愛くない上に蓄財の最中でございますので、120kという金額を捻出することはいたしませぬ。
買えるマウントがアランジアランゾの「うそつき」に似ていてかわいいという理由で、サハギン族のクエストは進めたい。しかし取り掛かるとウルトラめんどくさいので進捗が思わしくありません。
なんでエオルゼアの敵の皆さんは、初手でヘビィ付きの何かを打ちたがるのか。

木の通貨でなんか買えるということは、ちょいちょい貯めこんでおくほうがお得かなあ。