Vagrant + MySQL データは外に置きたい

Windowsで使っています。
VagrantのVM上にデータまで置いちまうと何かと不便なので、vagrant氏が勝手に作ってくれる/vagrantディレクトリを通して、ホストOS上にmysqlのdatadirを持ってきちゃおうと思いました。

まずmysql停止。

んでmy.cnfを編集

[mysqld]
#datadir=/var/lib/mysql
#↓こうしてみました
datadir=/vagrant/MYSQL_DATA_DIR
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0

[mysqld_safe]
log-error=/var/log/mysqld.log
pid-file=/var/run/mysqld/mysqld.pid

んで、
/var/lib/mysql/mysql
にあるファイルをまるっと
/vagrant/MYSQL_DATA_DIR
にコピー。
#実際のとこ/var/lib/mysql/mysqlの中身だけ移し替えてもだめで、他にも必要ぽかった。
#あたしのばあいは空っぽから始めても差し支えなかったので、まるっと作りなおしちゃった。移行するケースの場合はいろいろ考えてあげないとだめぽ。

こう書き換えて、mysqlをスタート。ハイ失敗。まあそうだろうと思っていた。
/vagrantにあるファイルは所有者がユーザvagrantになっちゃうので、ユーザmysqlでは見られない。
あくまでローカルの開発環境の話なので、さしあたり動けばいい。

usermod -G vagrant mysql

というわけでvagrantグループにmysql氏を追加して、再度mysqldのスタート。
OKでーす。ありがとうございましたー。
あれ、

user=mysql

こいつをvagrantユーザにしても良かったのではないか。どっちも違和感あるけどどっちがマシかな。

/var/lib/mysqlに、ibdata1とかいう巨大なファイルがある。

innodb_file_per_tableを有効にしていると、テーブルのデータはそれぞれのテーブルスペースに格納される。しかし共有テーブルスペースには次のようなInnoDBの内部データが格納されている。
データディクショナリ(InnoDBテーブルのメタデータ)
チェンジバッファ
ダブルライトバッファ
UNDOログ

引用元:MySQL ibdata1が肥大化する理由(記事の意訳) | Ore no homepage

へー。知りませんでした。ほっとくとおっかないなあ。こっちはVM上にあるから、知らないうちに圧迫して死ぬとかありそう。

MySQL – 肥大化したibdata1を縮小する – Qiita

極イフからイフカード

ffxiv_20150225_230131

極イフからドロップ。
アルテマウェポンと一緒に出すには合計レアリティが高すぎる。
いろいろ集めないと配備できません。行脚しては負けまくっております。モモディさんだけが優しい。

ゴールドソーサーでアルテマウェポン入手

うっかりすごそうなの拾いました。
card_artm
トリプルトライアドと、サボテンダーのくじがお気に入り。
ヨメ氏は「もう詩学とかどうでもいい」とまで言い放つ始末で、蛮神戦とか誘っても遊んでもらえなさそう(´・ω・`)

ReactとかFluxとかArdaとか

をやろうとしとりますが、ビルド環境とかいい感じのディレクトリ構成とか、そもそもnpmよくわかんねえとか細かいモジュールすごい数で引くとかしてて、
そもそもの学習に入れません。
インプット多すぎて脳が死ぬ

JS諸々をさわろうとして折れかける

#未来のあたしへ:混乱しているのを整理するために書いているので嘘が書かれているかもしれません。ごめん。

AngurarJSに入門しなおすぞと意気込んだ2日後にきなくさい話を聞き、あっそうですか撤退ですねとなった。
Fluxフレームワーク Arda が気になる10の理由 – Qiita

じゃー同時に気になっていたReact.JSでもやってみようかなーと手を出したら火傷したという話。
そもそもJavaScriptへの理解は浅くて、せいぜいjQueryあればだいたい書けますが、くらい。
CoffeeScriptを知ったおかげで面倒な記法を回避できてホクホク、くらい。
Node.jsはインストールのみmでしかしたことない。サーバでJavaScriptが動くと言われても気持ち悪い。今でも気持ち悪い。以前、この気持ち悪さを耐えて、触っておけばよかった。
なんかエコシステムがもんげー巨大になっていて、どこから触ると入り口に到達できるのかももはや見えない。

あたしがやりたいのはフロントの操作を上手にやるためにJavaScriptを使いたいので、サーバ側で動くよ!とかいわれても全然そちらの需要はない。phpかpythonで書くから困らない。

いろんなフレームワークやらツールやらを、scriptタグで読み込むものがJavaScriptなんだと思ってたんだけど、なーんかフロント側で使うはずのツール群でも
module.exports hogehoge

が出てくる。
あれはなんなのであろうか、exportsされてるものをどっかでrequireするわけで、あたしの知ってるJavaScriptはそういう機能持ってないはずだったんだが。改めて一個のjsに変換するとかやる(やるの?)ときに、必要な物をまとめて取り込む仕掛けなのであろうか。

ただでさえあたしがふだん触っているJSも、Coffee→JavaScriptと変換作業をやっている。ReactjsではJSXというのも出てきた。XMLだというのでまあいいんだけど、変換変換変換っていつまで続くのこれ。ゴール地点のJavaScriptが酷すぎるとかの理由でこうなってんの?
こんな便利なツールが有るよ!で見に行くと、また独自記法の解説が載ってる。君らなんでそんなに新しい記法覚えたがるの?

一歩一歩、理解を進めたいのだが、サーバ側のNodejsの話まで理解しに行かないとダメなのか。
やりたいことをやろうとするスタート地点にすら立てないというのがそうとうきておるわけです。

ああ、気持ち悪い。

CSSにはSASS/SCSSとCompass?だかがあった気がする。途中でルビー入れろと言われて機嫌悪くなったので追いかけるのをやめた。こちらも機嫌のいい時に再開しよう。

週末の進捗

色々つまみ食いで飽きなかったな

batch:
Androidアプリを解凍する
ACK?が単なるZipだというのを知らなかった
Zipから目当てのファイルを取り出し、保存

sqlalchemy経由で取り出したsqliteのファイルを読み込み
flaskで簡単なアプリを立ち上げ
nginxでproxy

フロント側の一部でangularjsを使うので、それ用にjson吐かせたり、吐いた形式があんばいよくなかったり

FFXIVなんとかかんとか調査メモ

とある何かの中身を調べております。
Itemテーブル
legacy=1は「✝」マークついてたり、英語名にDated(時代遅れの,旧式の)とついたりしている。旧FF14のアイテムなのかな。見るべきものではなさそう。

なんかもーすごいきちんとデータが整理されてて、データ眺めていて気持ちがいい。

ほんとは馬とったとかいろいろ書くことあるんだけど、作業楽しいので後回し。

Rarityが1~7くらいまであるぽ。7はエーテリアル装備かなあ。

イクサル蛮族クエスト終了

やっとこ終了。クズ鉄に続いて二個目の完了です。
達成すると買えるようになるわんこのマウントですが、大して可愛くない上に蓄財の最中でございますので、120kという金額を捻出することはいたしませぬ。
買えるマウントがアランジアランゾの「うそつき」に似ていてかわいいという理由で、サハギン族のクエストは進めたい。しかし取り掛かるとウルトラめんどくさいので進捗が思わしくありません。
なんでエオルゼアの敵の皆さんは、初手でヘビィ付きの何かを打ちたがるのか。

木の通貨でなんか買えるということは、ちょいちょい貯めこんでおくほうがお得かなあ。