htmlSQL

jonasjohn.de
htmlSQLとな。SQLライクなクエリでスクレイピングやらかすというシロモノ。phpですがこれはおもしろい。

Scrapy(こっちはpython)つうのもあるんだな。こっちはxpathっぽい表現でやるみたい。
hxs = HtmlXPathSelector(response)
とかあるからほかのもあんのかな、時間あるときに調べる。

#
http://sourceforge.net/projects/simplehtmldom/
こんなのもあった。セレクタで行けるぽ

まあなんだ

ごちゃごちゃならべてないで動くもん出せってはなしだわな。進めよう。

u-n

MongoKitはちょっと違う気がしてきた。
model.__init__.pyにモデルの読み込みを全部書きこむのってなんかなあ。
都度使うやつだけ読みたいんだよ。

新アプリ開発開始

NDI作ることだけがもはや大航海時代を続けていたモチベーションだったと気づいたのは、アカウント止めてからでした。あたし存外に自分のことが見えてない。
んでなにすっかなーと色々考えて、かねてからぼんやり考えていたアプリを作ることにしました。
Pylons+Jinja+SQLAlchemy+MongoKitでいくよてい。
Djangoはなぜか窮屈な印象を持っちゃったので、流行りには逆行する感じでございます。
aodagさんみたいなオーソリティーもいることだし安心して書いていこう。

MongoKit

http://pypi.python.org/pypi/mongokit/0.7.2
mongodbのツールキット。自分でmapper書かなくてよかったのか。
Pylons supportを謳っているのがポイント高い。development.iniとかのiniファイルに接続の設定書けるみたい。
ちょうどこのへんの書き方で自分のだとなんか半端だなーとおもっていたところだったのでありがたい。
さっそく使ってみる。
現時点での最終更新が2011-08-30でversion0.7.2。旬ですね。

Leí pylons.config en model/__init__.py

備忘のためのメモ。
結論から書くと読めない。ConfigParserでdevelopment.iniとかを読み込むタイミングより先にmodelの__init__.pyを見に行ってるんだろうなー
model以下に別途hoge.pyみたいにmodelファイル作って使うぶんにはだいじょうぶ。

どうでもいいけど大航海時代やめちゃったから、もうNDI開発ブログじゃないんだよね。名前変えるかな。